1. ホーム
  2. 各種補助金・ 助成金情報

(公財)高松観光コンベンション・ビューロー、香川県、高松市では、地域をあげてコンベンションをバックアップしています。企業コンベンション(国内外インセンティブツアー)・教育旅行への開催支援補助金の交付もしております。

国際会議 最高500万円、国内大会、学会 最高200万円、企業コンベンション・教育旅行 最高100万円といった日本国内でもトップクラスの開催支援補助金に加え、香川県でも「香川県コンベンション誘致対策補助金制度」が整備されるなど、コンベンション開催でもっとも重要な要素の一つである財政支援体制は万全です。
また、コンベンションを初めて開催される主催者の方々へ運営マニュアルを提供させていただくとともに、観光パンフレットや文化観光施設入場割引券、会場内における臨時観光案内所の設置などアフターコンベンション用支援、歓迎ポスター、土産物店の会場への出店など、参加者の皆様が香川・高松でのコンベンションステイを快適にすごしていただけるよう支援体制も万全です。

宿泊助成については、対象施設のみ
その他、補助金交付の詳細条件や算出方法等に関しては、
コンベンション推進部(convention@takamatsu.or.jp)までお問い合せください。

どの種別になるかわからない場合は下記をどうぞ!!

コンベンション分類早見表

コンベンション開催支援申込書(申請書)は下記よりダウンロードしてお使いください[Word形式]

香川県コンベンション誘致対策補助金は下記よりダウンロードしてお使いください[Word形式]

概要

高松市内および三木町に、1泊以上の宿泊を伴う旅行を実施した旅行会社を助成します!
ぷち旅プランの素材を活用していただいてもOKです!

ただし、観光目的に限り、四国遍路等の巡礼や大会等への参加、学校行事(修学旅行、教育旅行、合宿)、
視察などの観光を目的としないものは対象となりません。また、日帰り旅行は対象とはなりません。

 平成29年4月1日から平成30年3月31日までに出発した旅行に限ります。
大会、教育旅行等補助金については、こちらをご覧ください。

助成要件

助成金額

※助成金は、申請書先着順で、予算に達した時点で終了となります。予算に達した後の申請は、キャンセル待ちとなります。
※キャンセル待ちでも空き次第、すぐにご連絡させていただきますので、ぜひ申請をお願いします。
※既に交付決定をしている団体の催行結果により、交付出来ない場合がございます。
※申請は、催行日10日前までに提出してください。

申請書・補助金交付までの流れ

申請書が届いた順番に(メール・FAX可)受付をいたしますが、必ず原本を郵送ください。

※ご郵送いただく前に、お問い合わせフォームまたはFAX(087-822-7062)で内容を確認させていただければ、申請もスムーズになります。
※そのほかの注意事項については、よくあるご質問をご覧ください。
※以下の赤い枠で囲まれた書類が、ご提出いただく書類です。(裏紙の使用はご遠慮ください)

よくあるご質問

対象について

2泊すれば倍ですか?
2泊以上でも、30,000円となります。
日帰り旅行は、対象外ですか?
日帰り旅行は、対象とはなりません。
1事業あたり10団までの「1事業」とはなんですか?
「1事業」とは、旅行商品を示します。申請される企業数(事業者数)ではありません。
旅行商品が違えば、複数の申請は可能で、それぞれの旅行商品が10団の上限になります。

申請書について

申請受付の期間はありますか?
本年度は、上期は3月29日から、下期は7月3日から受け付けております。ただし、催行10日前までに、当財団に提出するようご留意ください。
申請者は、代表取締役でなければいけませんか?
代表取締役様が望ましいですが、支店レベルでの申請の場合は、支店長様でも結構です。
また、すべての書類で、代表者名および代表者印が必要で、同一である必要があります。
変更となった場合は、変更届(様式自由)を提出してください。
助成対象となるのはいつわかりますか?
審査には、申請書をいただき、5営業日程度かかります。
助成対象となるのであれば、企画を行いたいのですが?
企画段階で、交付認定を受けたい場合でも申請は可能です。

変更・中止申請書について

どのような場合に変更・中止申請書が必要でしょうか?
様々ございますが、例示すると以下のとおりです。
・申請者が変更となったとき(支店の移転などを含みます)
・旅行商品の企画内容が変更となったとき
・申請枠を増加させたいとき(増枠はできない場合があります)
・催行はあったが、人数が対象条件に満たなかったとき
変更した場合、それまでの補助枠はどのようになりますか?
変更の場合、変更前の枠数の確保は可能です。増枠は、枠に余りがあれば可能ですが、キャンセル待ちが発生している場合は、キャンセル待ちの最後となります。

実績報告書について

募集を行いましたが、催行がなかった場合も実績報告書が必要ですか?
催行実績がなかった場合は、変更・中止申請書(様式2)の提出が必要です。
月次報告書は必要ですか?
単一月で完了する場合(1回のみの催行を含む)と、すべての催行が完了してまとめて助成金を受け取る場合は、月次報告書を省略できます。

助成金請求について

すべての催行が終了後の支払いですか?
複数月に渡る企画である場合は、催行月の翌月10日までに月次報告書をご提出いただくことで、その月毎にお支払いいたします。
振込手数料はどのようになりますか?
国内の口座の場合は、助成金額全額が振り込まれます。国外の口座の場合は、1事業につき送金手数料4,000円と円為替取扱手数料2,500円は1度のみ当財団で負担いたしますが、2回目以降は受け取り側のご負担となります。(可能な限りまとめてお受け取りになることをお勧めします)
集金は可能ですか?
申し訳ございませんが、現金での支払いはお受けかねます。